Matsuo Atsuokiのブログ

今迄にない科学的な整合性から導かれた正しい発声法、歌唱法。

Get Out and Get Under the Moon(月光価千金)

Get Out and Get Under the Moon(月光価千金)1928年に出版されたアメリカのポピュラー・ソング。作曲はラリー・シェイ (Larry Shay)、作詞はウィリアム・ジェローム (William Jerome) とチャールズ・トバイアス (Charles Tobias) の共作。原題は「外へ出よう、月の下へ」といった意味。
1928年6月16日にヘレン・ケインとナサニエル・シルクレット楽団によって録音されたほか、同年のうちに、ビング・クロスビーとポール・ホワイトマン (Paul Whiteman) 楽団、ルース・エッティング (Ruth Etting)、アネット・ハンショウ (Annette Hanshaw)によって録音された。
その後、1957年には、ボニー・ギター (Bonnie Guitar) がアルバム『Moonlight and Shadows』でこの曲を取り上げ、この曲のおもな録音のひとつと見なされるものとなった。その後、ドリス・デイが、1959年のアルバム『Cuttin' Capers』でこの曲を取り上げ[3]、さらにナット・キング・コールが、1963年のアルバム『Those Lazy-Hazy-Crazy Days of Summer』に収録し、スタンダード・ナンバーとなった。
日本語の曲名は月光価千金。川畑文子、榎本健一、ディック・ミネ、美空ひばりなどによって歌われた。


Sweet & Simple

Get Out and Get Under the Moon


Doris Day

Doris Day ~~ Get Out And Get Under The Moon


Nat King Cole

月光価千金


REBECCA KILGORE / JOHN SHERIDAN

"GET OUT AND GET UNDER THE MOON": REBECCA KILGORE / JOHN SHERIDAN at CHAUTAUQUA 2012


DOOZY

Get Out and Get Under the Moon - DOOZY
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「美声を科学する」販売店
◉Mazzuola Editore ダイレクトセール・松尾出版直販(送料無料)
http://mazzola-editore.easy-myshop.jp
◉Amazon
https://www.amazon.co.jp/美声を科学する-松尾篤興/dp/4990812808/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1521368401&sr=8-1&keywords=美声を科学する