Matsuo Atsuokiのブログ

今迄にない科学的な整合性から導かれた正しい発声法、歌唱法。

原始的な技術: 山芋、栽培、調理


Primitive Technology: Yam, cultivate and cook


私は、エンクロージャのような大きなバスケットに山芋を植え、その後6ヶ月後に収穫、調理し、それを食べた。私の以前の栽培芋の試みは、野生の豚とスクラブ七面鳥によって窮地れた。芋が地域にあることを学ぶ上で、これらの動物は、植え、それらを食べる塊茎を模索します。従って私の解決は成長するツルを保護するためにエンクロージャのような大きいバスケットを造ることだった。13の木の棒は地面 (あらゆる編むプロジェクトで重要である異様な数) に打たれ、森林から収穫された弁護士の杖はこれらのアップライトの間で編まれた。カゴは直径約1メートル、高さ約75センチだった。
さらに小川の下の場所からワラによって部分的に食べられる大きい山芋は掘り起こされ、場所に運ばれた。小さなピットは、筐体に掘られ、山芋は、単にそれに置かれた。エンクロージャは、その後戻って肥料のための死んだ葉でいっぱいだった。時間が進むにつれ、つるはバスケットより上に成長し、長いポールが付いているので、太陽を十分に利用して登ることができました。6ヶ月後、除草や水やりなどのメンテナンスはせず, 元のヤム芋は離れて薄い殻を残して腐っていた一方、2つの大きな塊茎に成長していた。.新しい塊茎は棒を使用して掘った。芋の土台はまだ地面の下でより多くの塊茎と分裂した。この部分は、おそらく次のシーズン用に保管されます。ツルはまた「むかご」と呼ばれるより小さい塊茎を作り出した。これらは私が計画している、より大きい庭のための種の芋として使用される予定で集められた。むかごは食べることができますが、より大きなヤム芋は、一般的にその大きなサイズのために代わりに食べられます。
ヤム芋を調理するために火穴は直径の約 30 cm および深さ約 20 cm 掘られた。木は穴の上に積まれ、セットした。熱を保つために加えた石が穴に落ちた。炭は削り取られ、大きい塊茎を割り、火にくべた。その上に火を上追加する。30分間調理した。ヤム芋の外側の層が黒く焦げ燃えていたが、内部は柔らかく、よく調理された。ヤム芋は、蒸しながら食べていたジャガイモに似ていますが、外側の皮はパンのようにさくさくした食感を持つ。薄味とはいえ、芋はかなりの炭水化物を提供し、特定の文化で主食として食べられます。残りの大きなヤム芋の塊茎は、ネズミが (うまくいけば) 食べないよう木に縛られた。
掘り起こした方が楽になると期待しています。それはまた、栽培された芋を養うために、良好な堆肥盛土を形成した。 将来的には、ヤム芋は砂地でうまくいく傾向があるので、私は砂を加えミックスしていきたいと思う。私は普通のジャガイモに相対的に成長した芋の大きなサイズにもかかわらず、はるかに大きなものが可能であり、実際に日常的に栽培されています。私の調べたところによると最大は1個275キロ、インドで栽培された。芋は93だけでジャガイモに比べて100グラムあたり116カロリーを持っている。これらの条件の間に休眠期間を持つように適応されるように、彼らは乾季によく保存します。芋はチップに調理することができる汎用性があります, ロースト, ゆで, マッシュポテトと呼ばれる生地のタイプに作られ "フーフー" 一般的にシチューと一緒に食べる.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「美声を科学する」販売店
◉Mazzuola Editore ダイレクトセール・松尾出版直販(送料無料)
http://mazzola-editore.easy-myshop.jp
◉Amazon
https://www.amazon.co.jp/美声を科学する-松尾篤興/dp/4990812808/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1521368401&sr=8-1&keywords=美声を科学する